医療法人 井上整形外科
トップページ
井上整形ってこんなところ
リハビリ室ってこんなところ
井上整形はこちらです
院長先生の部屋
トピック!
リンク集
お問い合わせ


医療法人井上整形外科
〒259-0133 神奈川県中郡
二宮町百合が丘1-1-1
○Tel:0463-72-4114
○Fax:0463-72-0097

 
熱中症と対策(前編)

  毎日暑い日が続いていますが、皆様体調はいかがですか。
ニュースを見ていると、“猛暑日”という単語をよく耳にしますが、今年は特に暑いように思います。

 今月のトピックでは、“熱中症”について取り上げます。


 熱中症とは、体温調節が正常に働いていない危険な状態をいいます。
一言で熱中症といっても、その度合いによって分類されます。

 T度
<症状> 熱失神
       めまいがしたり、失神したりする。
<原因> 高温や直射日光によって血管が拡張し、血圧が下がることで生じる。
 
  T度
<症状> 熱けいれん
       暑い中での運動や作業中に起こりやすい
       痛みを伴う筋肉のけいれん
       足や腹部に起こりやすい
<原因> 汗をかき、水分とともに塩分が失われ血液中の塩分が低くなりすぎて起こる。
       水分不足、水だけを補給した時に生じやすい
 
  U度
<症状> 熱疲労
       大量の汗をかき、皮膚が青白く、体温がやや高め
       めまい、頭痛、吐き気、倦怠感を伴うことも多い
<原因> 体内の水分や塩分不足、いわゆる脱水症状によるもの
       ※死に至る熱射病の前段階ともいわれるため、この段階での処置は
       重要となる
 
  V度
<症状> 熱射病
       汗はかいておらず皮膚は赤く、熱っぽい
       体温は39度を超えることが多い
       熱疲労の症状に加え、意識障害、錯乱、昏睡、全身けいれんを伴うことがある
<原因> 水分や塩分不足から体温調節機能が異常を来たした状態
       ※死に至ることもある。緊急に対処し、救急車の手配の必要がある
 
 熱中症にならないために、まず2つの点に注意が必要です。

(1)注意する日
 ・気温や湿度が高い
 ・風が弱い
 ・照り返しや日差しが強い
 ・急に暑くなった

(2)水分補給の方法
 ・0.2%程度の塩分を含んだ冷たい水分(スポーツドリンクなど)
 ・運動開始前であれば30分の時間をかけて500ml程度補給する
 ・運動中は体重減少が2%以内になるよう水分補給する
 ・のどの渇きを感じなくても脱水は進行するので、渇きを感じる前に積極的に
  水分補給をする


 熱中症は室内でも起こるようなので、個人個人で注意することが必要です。

 少し涼しくなるようですが、まだまだ油断できません。
皆様も体調に気を付けてお過ごしください。
 

Copyright (C) INOUE ORTHOPEDICS CLINIC. All Rights Reserved.